退屈な仕事への対処法

仕事に魅力を感じなくなると、とたんに毎日の業者が苦痛になります。やがては転職を考える人も出てくるわけですが、その前に試しておきたいことがあります。つまらないと感じるようになる理由としては、慣れがあります。毎日同じことの繰り返しで、惰性を感じるようになるからつまらなくなるのです。

そんな中で本当に慣れているのか、一度考えてみるのも良いものです。正確には、自分の仕事を究極にまで突き詰めているかということです。例えば作業業務ならば、とことん効率化を図ってこれ以上スピードアップは不可能なのかと尽力してみるということです。あるいは全くミスをせず正確に、なおかつ高い品質で仕上げているのかということを自分で実践してみること。もちろん与えられる時間には限りがありますし、何かと制約のある中でどうにも思うように作業を進められない場合もあるかもしれません。しかしそのような状況の中だからこそ、いかに品質を高めるかにチャレンジする意味があるのです。

一度、徹底して仕事に取り組んでみるのは非常に良いことです。結果的に、これまでは見えなかったものが見えてくるようになります。いわゆる気づきを得るということです。そしてどう工夫すればより高みを目指せるのか、試してみたくなります。これが積み重なっていけば、仕事に対するモチベーションも上がってくるはずです。考えたり工夫したり、時にその効果を感じて嬉しく思うことを繰り返すことによって、これまで退屈と思っていた業務が新鮮なものになるでしょう。慣れという感覚を切り崩すのは、自分自身なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です