リストラのリスクを回避する方法

誰もが雇用されて働いていく中で不安な点は必ずあるものです。その一つにリストラが挙げられます。長年勤めていた会社であってもある日突然言いわたされる事も十分予測されます。特別なキャリアや資格、企業にとってのメリットがない限りは、無職から脱却する事が難しくなる事もあるでしょう。

また、ある程度の年齢をむかえてから無職になってしまうと、再就職に大変不利であり、転職活動で心が折れてしまい無職から抜け出せなくなってしまう事もありえます。これはリストラされた方に限らず、社会人経験のない方や主婦をしていた方の復職、若い方でも場合によっては就職できない状況に悩まされる事も想定され、同じように無職の悪循環に陥る危険性があります。

仕事が見つからない時に考慮すべきなのが、需要の高い職種です。未経験でも活躍しやすい場所として代表的なものに、介護職があります。介護業界で働く上では資格の所持が必須と言え、そのためには勉強や実習も必要になります。資格取得をサポートしてくれる制度が見つかる場合もあるので、その点でも再就職や初めての就職においては大変メリットがある業界です。介護業界は、高齢化の影響を受けてさらに需要が高まることが予測でき、例え職を失っても他の職場にすぐに就職できるため、仕事を失くすリスクから脱却できる業界とも言えます。

これまでは終身雇用が普通の時代でしたが、これからは完全に実力主義です。いつリストラされるかわからない職場に居続けて、他に何のスキルも持っていなければ生き残ることはできません。勉強をして手に職を持ち、無職のリスクを負うことのない安定した人生を作っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です